#12 / works

TIMBER

  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。
  • 80年代アメリカ×本物の木。楽しく時を重ねて育つ家。

「暮らしや住まいへの想いが大きいほど、いい家ができる」
「建ててからが、本当の家づくり」
この2つを象徴するような家が、できました。
コンセプトは「TIMBER」=「木」。外壁から床材のフローリングまで「本物の木」を使い、楽しく時を重ねるほどに年々「いい家」に育つようにとの思いを込めています。

家づくりの根底にあったイメージは、ご夫妻が幼少期の頃に放送されていたドラマ「フルハウス」のような、80〜90年代アメリカ(サンフランシスコ)の世界観。
陽気でチャーミングなご家族の空気感と、美容師のご主人、元美容師の奥さまの感性が存分に活かされ、使用する色数を抑えつつ家具が映えるカラーリングはTIMBERスタイルともいうべきオンリーワンな仕上がりになりました。

ハワイのカフェをモチーフにした造作壁面。ドアを開けるごとにときめく空間が広がるサニタリーやバスルーム。カバードポーチ、屋根付きウッドデッキ、オープンウィンと3連窓。佇まいが良いだけでなく「居心地の良さ」「暮らしやすさ」もこだわりが詰まった家をご紹介します。

オークの無垢材を採用したL字型の広々リビング。

オークの無垢材を採用したL字型の広々リビング。

家の中心ともいえるリビングは、広さと構造の強さを両立するL字型のつくり。当初は和室を含めた2部屋の予定でしたがプランを変更し「このあと家を建てる方々全員に薦めたい!」くらいの最高な空間になりました。全体で22-3帖ほどの広さがありながらキッチンに立つとリビング全体を見渡すことができ、小さいお子さまもママの気配を感じてぐずることがなく、ひとり遊びに没頭する時間も増えて「すごく助かっている」と喜びの声をいただいております。

雨に濡れずに家の中へ。ガレージも兼ねたカバードポーチ。

雨に濡れずに家の中へ。ガレージも兼ねたカバードポーチ。

機能性と佇まいの良さ、どちらも格上げしてくれるカバードポーチ。大きめの車もすっぽり入るサイズで、半屋外スペースとしても活躍します。「雨の日も、(弱めの)台風の日でも全く問題なくBBQが楽しめました」とご主人。シンプソン社製のドアに、格子つきの上げ下げ窓、オリジナルのネオンサインも加わり、昼も夜も日本にいることを忘れさせるムードを漂わせています。

家の中も外も、良質な木材をふんだんに使用。

家の中も外も、良質な木材をふんだんに使用。

外壁には2F部分まで木材を配し、1枚ずつペイントしてラップサイディングを施工。通常だと屋根の端は板金で覆われることが多いのですが、本物の木がより活きるよう、端まで木材での仕上げをおこないました。屋根付きウッドデッキは、土地の形状にあわせて設計。オープンウィンと3連窓が、中と外をゆるやかに繋ぎます。(どっちから眺めても最高!)

世界にひとつの、造作洗面台とトイレ。

世界にひとつの、造作洗面台とトイレ。

高級モーテル仕様な洗面台や、トイレは棟梁による手作り。ベースとなる写真のイメージをいただきつつ、電球の選定にいたるまで奥さまとともに引き渡し直前までこだわりました。タイル調のクッションフロアは年月が建てば色が薄くなりさらに良くなる、との奥さまの選定で、トイレは見た目だけでなく棚付きと大工の技術力を活かしたつくりになっています。

建ててからも続く、家を育てる楽しみ。

建ててからも続く、家を育てる楽しみ。

リビング入り口のドアガラスにはピンストライプ・ゴールドリーフ・レタリングを組み合わせたサインを施したり、ネオンサインを制作したり、週末にはBBQ、夏祭り、野外上映を行ったり、TIMBERの名の通り、家を育てて、暮らしを思いっきり楽しんでくれています。

オーダーメイドでも企画住宅でも、「こうすると、絶対にいい家になる!」との確信を持ちながら設計や施工を行っていますが、時折、想像を超えた「居心地の良い」空間が生まれることがあります。TIMBERは特にリビングの居心地の良さが群を抜いていて、建てたスタッフたちも不思議になるくらい、施工中や1日の作業を終えたあとも話し込んだりして長居することが多かったです。

そういった家が生まれるのは、やはりオーナーご夫妻の「想いの強さ」だったり、家づくりの過程から楽しむ気持ちによるものだと思います。(建てたあとも本当に楽しみまくってくれていて、原点をいつも思い出させてくれます)

TIMBERプラン、としてパッケージ化したいくらい、これから家を建てる方みなさんに大いにお薦めしたいつくりや細部に満ちていますので、隅々まで見てもらえると嬉しいです。
ー設計・統括:城 匠之介 /棟梁:野見山 翔

CONTACT USお問い合わせ先

ご相談はこちらから

「思い描く理想」や「こだわり」など、どうぞお気軽にご相談ください。あなたの人生が豊かになるお家作りを、寄り添いながら「こだわりと情熱」を持って実現致します。

LINE公式アカウントをはじめました!友だち追加でLINEからでもご相談いただけます。

友だち追加

ACCESSアクセス

NAME 株式会社サニースポット
TEL 0948-43-8258
ADDRESS 福岡県嘉麻市飯田606
HOLIDAY 年中無休(年末年始を除く)
OPEN 10:00〜18:00